神事 龍神さん……参

私は「今日は神事はしないでご挨拶だけということですか?」と聞いた。「行ってみてだけど、普通は午前中にしたほうがいいのよ。こういうことはね」と、薫子さん。

 土地に行く前に浄泉寺と賀茂神社にお参りをして土地へ向かおうとしたが、住所検索では出ず少しだけ苦労した。
目印も何もない場所で住所は変わっていたのでナビで示す場所と実際の場所が違っていたのだ。
でも土地の人から教えていただき更地になったその場所にたどり着くことができた。

 薫子さんが更地になる前の写真と依頼主の女性とともに井戸の正確な場所を探していた。
「そしてわかった。」、といった後少し考えて「今済ませる。」と神事を始めた。

頭を下げ、目をつむっていたのでどんなことをしていたのかは何もわからない。
しばらくしたら水を持ってきて!と汲んできた水を薫子さんが土地に撒き、順番に依頼主である女性、守り人である啓さん、そして私が順番に水をあげることになった。その日はそれで終了だった。

 啓さんは始まる前に大きな音がしていたと言っていた。
私は途中で水の音がするような気がした。
そのことを薫子さんに告げたのだった。
「そう。見に来てたのね。そう、水の音を聞いたのね。」といつもと変わらない様子だった。

 少しだけスッキリしたような薫子さんがもう今日はおしまいと言ってホテルに向かった。
ホテルに着き早々に5人で談笑しながら飲んだり食べたりをして夜を過ごしたが、いつもの通り、私たちは意思の有るものは、一切口にしなかった。
次の日の朝、朝ごはんを食べホテルを出た時にはナビが設定されていて、どこに向かっているのか正直わからなかった。

 だいぶ山を登ってあったのが温泉神社だったが「そこではない。」と薫子さんが言う。
「目的地はここに設定してるけど、このそばだよ。」と啓さんが話す。
「もう少し先かも。」と車を走らせるがやっぱり違うと戻る。
そして車を止めて調べなおす。
飲める湧水を探していたのだ。
温泉神社のそばには愛宕福神水があるようだった、が「そこじゃない。ここじゃない。人気のあるところじゃないの。」と繰り返していた。
そした探し当てたのが「吉の目湧水地」だった。

 そこも前日の「おかんじち湧水地」同様土地の人たちは大事にしていても誰にも知られていないようなところにひっそりあった。
私たち4人は薫子さんを先頭に吉の目湧水地に降りていった。
昨日よりも多くのペットボトルを持っていた。
最初は半分だけそこで入れると言っていたが全部、全部に詰めて持っていくという薫子さんに従って11本(正確な数ではありません。)のペットボトルを持って行った。
お参りを済ませ湧水地で「お水を分けてください。」と言いながらどんどん詰めていく。
薫子さんが水を入れていくのに答えるように勢いが増してくる湧水。
本当に澄んできれいな水だった。

 そして水を持って吉の目湧水地を離れようとご挨拶をしていたら風が優しく私たちの頬に触った、「ほらあってた。ここだよって言っているよ。良かったねえ。良かったねえ……。」と薫子さんが笑顔になった。

                               続く……

Ravenna exclusive writing atsuko.m

那須高原のお野菜たち。
ありがとう。

Soul cleansing 3days

11月にRavennaでSoul cleansing 3daysが行われました。
参加されたのは東京勤務の静岡在住40代の男性。
彼から二泊三日の期間で"意識を変える"というオーダー。
Ravennaの数あるprogram(^^の中から、キャリアカウンセリング・瞑想・ヘッドセラピー・美腸マッサージをチョイスし、彼の挑戦が始まった。

一日一回60分の瞑想

朝食はホテルでお野菜バイキング、夕食はRavennaご用達"ひだまり亭"、
メニューは、いつもの通りお野菜中心、お膳が並ぶ度に♪歓声♪

キャリアカウンセリングは枠を確保し行うものの、セラピーの合間合間で顔を合わせるので、その都度カウンセリングという流れに自然になる。
セラピストは、なんとも贅沢な時間とほほ笑み、その空間を温かく感じた。

限りある時間の中で、彼の課題を見つけ、現実的な世界とエネルギーの世界で、彼の霧を彼自身で精妙なものにしていく。
ここを支援するのが私の使命、そこでの提供するスキルは限りない。
様々きつい場面も見受けられたけれど、彼の『ほんとに変わりたい……。』という気持ちが彼を支え、がんばらせた。

彼の存在にRavennaの仲間が集まった。
すごい良い笑顔……

彼の少し精妙に近づいた意識は、カラダにも及んだ。
股関節が固く胡坐が苦手だったが、楽々胡坐。
体重を落とすのが難しい年齢だが、二泊三日で2キロ減。
この変化は、 緒体メインで ないという事を教えてくれる。

『最後に質問してもいいですか?薫子さんのカウンセリングのマニュアルというか、何かこう人を導く道筋みたいのがあるならば、教えて欲しいのですが……。』
 ごめん、そんなもんないわ~(笑
 あなたのような方が私の前に座ったら、私の使命が騒ぎ始めるだけだから。

また、来ます!と彼は彼の居場所に戻られました。
ありがとうございました 。

Ravennaのリトリート
本氣の方、どうぞ!

現世での仕事はカウンセラー、カウンセリングは基本一対一。
一人ひとり丁寧に向き合っていく事を大切にしている。
たくさんの人がいる中で、出会える奇跡を尊び、一人でも多くの人に、あなたの生きる事の意味を語っていきたい。

一つひとつの魂に丁寧に寄り添い進むのは、時間もかかり効率も悪い。
でもそれは確実に実を結ぶから、私はそれを実行していく。

Ravenna of diversity

盛岡にいる陰陽師に会いに行こう!ってタイトルwで 先日、名古屋出身山伏の清乃さん、テキサス出身お坊さん&科学の研究者Glen、曹洞宗藤源寺28世住職の良規さんがRavennaにいらっしゃった。
それに応え、こちらも今回は"陰陽師"として出迎えた。
彼らはそれぞれがそれぞれの世界でピンで立てる愉快な方々……素敵☆彡

このお三方ね。

仙台で山伏対談があり、その足で盛岡に来てお昼は、東屋でわんこをして、そそくさと重いお腹を抱えてRavennaに。

清乃さん と良規さんが私の話で笑い、笑った後にGlenに通訳。
ふたりは、薫子さんの話を英語にするの難しい、そうだよね~あんな事に対応する言葉はないなぁ~、って言いながら、なんとか伝える。
何とも、もどかしい時間を過ごしたw

『いつからこんなこと出来るようになったの?』
  わかんない!(笑
『なんでこんなことできるの?』
  生れつき!(笑
『なんかこう、コースみたいのはあるの?』
  ないよ~!(笑
『カラダからなにが出てるの?』
  わかんない!(笑
『お迎えが間違えるぅ~~~ ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ 』
  そぉなの♡(笑い
『痛いのが……なんで???』
  良くなったからいいじぁん!(笑
『前に会った事ありました?……』
  3千年前くらいかな。
『 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ』

『"陰陽師"ってこんなCASUALなの~~~ ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3 ?』

清乃さんとは神尾学氏主催の石垣リトリートで出合ったのが2年前、同部屋で4日間夜中まで、あっちの人なんで話は絶えなかった。(笑
同じキャリアコンサルタントって事も距離を近くした。
集まったメンバーもそれなりの意識階層にいたから、 豪快にありえない事が次々嵐のように起きた 。
笑ったし泣かしたし怒ったし……同志はほんとに心地良し。

立場も生きている場も違う、禅のお坊さん、山伏、陰陽師だけれど、このメンバーだからこその意識層を行ったり来たりで会話をしているのが、自然体だった。
そして、今まで言葉にしたこともない事、"こっちでは劣等生だけど、あっちでは優等生"なんて言葉もポンと口をついて、爽快感に包まれた。
よく笑った(#^.^#)

近い意識層での会話は、目に見える部分ではなくエネルギーで会話できる。そんな不思議な心地良さを、Ravennaでお勉強しているみなさんにも体験して欲しいなぁ、と思った次第です。

良規さんが"CASUAL陰陽師"笑いながら命名してくれましたん ……٩( ᐛ )و

あったかいんだから……W

俺もあったまりたい……
あったかくて、めちゃいい笑顔
で、あたしも……
公園にいつも来る男性……
寒くないかな……?
♡I am happy ♡

寒い冬に合わせて、Ravennaのnew program"👣Foot bath👣"
みんな、どこもかしこも💛ぽかぽか💛

December program🎄

*秘教
正しくスピリチュアルを理解し、日常生活に生かす方法を伝えます。
見えないものが見えちゃう、奇跡のような事が起こるんです、写真を撮ると龍や光の柱、不思議なのが……こんな事に遭遇する私ってすごいの?何なの?……このような現象も解説します。
CASUAL陰陽師が一番出ちゃう場面かな? ^^
・ 4日 水曜日 13時~15時 
・ 23日 月曜日 19時30分~21時
*Question time 上記の時間の開始30分、Question time を設定します。
 あなたに起こった不思議な体験等に対し、お答えします。
 参加希望者はメールにてお申込みください。料金は3,800になります。

*瞑想
一味も二味も違う、世界へお連れします。
ヨガマット・ミネラルウォーターはこちらで用意しています、リラックスできる服装でお越しください。
・ 4日 水曜日 15時~16時 
・ 9日 月曜日 19時30~21時

*バッチフラワーレメディ教室
カウンセリングは敷居が高いかな?……という方どうぞ。
レメディを通してまずは自分を知る事から始めませんか?楽しいです♪
・ 13日 金曜日 10時30分~12時
・ 17日 火曜日 19時~20時30分

全プログラム、楽しくきちんと生きたい方を対象にしています。
❤ 2017年以降カウンセリング・リラクセーションを受けた方対象。
❤ お問い合わせ、申し込みは、 ravenna.guarigione☆gmail.com 
  ☆を@に変えお問い合わせください。

レメディ一番は、アグリモニー。
表は快活、内心は悩みでいっぱい。

今日の出来事

今日は朝から新車の浄め。
浄めの意味を口説く説明し、納得してもらってから行う。
一連の流れが終わっても、他の話に飛び火し大笑いの連発!

新車浄めにいらしたK子さんは、隠れ家のセラピーからRavennaを知り、Ravennaのプログラムを、有難いことに様々お試し頂いている。
New faceなのでRavennaのこと、カジュアル陰陽師の事がいちいち気になるらしい……(*^^)

今日は、あの事とその事を話した。
で、大笑い。

New face さんには、むかーし、むかーしの事から話す。
どこで?だれと一緒だった?それはどんな風だった?何歳のときの事?……と。
聴いている New face さんは、よほど楽しいのか大笑い。
どこまでわかって想像できているのか、わからないけれど私も笑っちゃう。
でも、話し終わった時、なぜか歯がゆい。
なんでだろう……
それはね、この世で起きた事ではないから、この世の言葉で表現できない、そのもどかしさを感じながら話しているから。
この世の言葉では説明できない…… (๑˃̵ᴗ˂̵)

でもね、ほんとうのスピリチュアル、オカルトを伝えるには今世で私がこの緒体を使って経験させてもらった事を伝えるのが手っ取り早く、理解が進む。
しかも笑いながら、生まれてきた意味や役割、カルマも知れる。
こんな一石二鳥な事をさせてもらっている私は、この使命を楽しみながら全うします……!(^^)!
ずっと変わらずそうなんだけれど、 New face が現れると気持ち新にです。

今日は我が家の家族、
政之助くんの10歳の誕生日♪
これからも楽しく行こうね!
よし!

セラピスト アツコの腸セラピー

隠れ家セラピーにて保育士とのWワークでセラピストとしてデビューした、"セラピスト アツコ"、彼女のふくふくモフモフのハンドで癒された女子も多く、彼女たちのリクエストに応え毎週水曜18:30~最終受付22時、Ravenna隠れ家 腸セラピーオープン致します!

今月のオープンは27日。
21時以降は予約いっぱい、その前のお時間であれば予約可能です、お問い合わせください。

そして本日15日限定ですが、"🐶💰ヘッドセラピーTwenty minutes"を開催しています。
こちらの最終受付も……22時です!

お問い合わせ先:ravenna.guarig★gmail.com(☆→@に変えてください)
よろしくお願い致します。

『不完全な状況にピリオドを打つ』
3年ぶりくらいに手にした
大天使ミカエルオラクルカード……
祈ってびっくり!
恐ろしいくらいにぴったり😲
さ・す・が……

November program

*秘教
スピリチュアルを正しく読み解き、日常生活に生かす方法を学びます。
・ 6日 水曜日 13時~15時 (満席)
・ 13日 水曜日 19時30分~21時

*瞑想
強制的に"無"を感じにいきます。
・ 6日 水曜日 15時~16時 
・14日 木曜日 19時30~21時

*バッチフラワーレメディ教室
38種類の花の中から自分の感情を読み解きます。
・ 14日 木曜日 10時30分~12時
・ 26日 火曜日 19時~20時30分

全プログラム、楽しくきちんと生きたい方を対象にしています。
❤ 2017年以降カウンセリング・リラクセーションを受けた方対象。
❤ 当プログラム参加者のご紹介者対象。
❤ リラクセーション・カウンセリングは下記アドレスにお申し込みください。
❤ 服装、持ち物、参加料等は、 ravenna.guarigione☆gmail.com 
☆を@に変えお問い合わせください。

お風呂

「お風呂はな、神さんからあずこうてる魂もうつくしくなりますように、と願いながらカラダを洗わないかん。
そうしてあろうたら、その日の汚い言葉も汚れた心も、きれいにきれいに流れていくんやに、わかったか?」
……うん、わかった。
「せやからお風呂は毎日入らないかんやに。」
うん!
「ほな、あろうてないとこあろうたろ。」
ありがとう、おばあちゃん。

神事 龍神さん……弐

そのあと薫子さんは体調不良に陥ったり本当に大変で、その中でも私に具合悪くなるかもしれないから気をつけてと言ってくれた。
そして、「辛抱してください。」とも。

そう言われたということは何かあるんだなと思った。

しばらくして薫子さんにこの日は休みか?と聞かれ、たまたま休み(たまたまなんてことはもはやないのだけど……)で神事に付き合って欲しいと頼まれた。

わかりました。と即答したけれど、何をどうしたらいいかなんてわからないままだった。

当日を迎え、5人でその土地へ向かった。
薫子さんは喉が渇いた。とお茶を買いに行き、その場で飲み始める(そんな姿を見たことない。あらゆるマナーに精通していて買ったばかりのペットボトルをがぶ飲みするようなことはしない人なのだ。)
啓さんもこんなことない。
朝からずっとなんだよね。と言っていた。

土地のある駅に着き神事に必要な物品を薫子さんが揃えていく。
水を探さないと。とスーパーや道の駅に寄るがその土地の水がどこを探しても売っていない。
薫子さんと啓さんでナビを設定し向かったところはおかんじち湧水地だった。

"おかんじち湧水地"土地の人の一部はきっと大事にしているのだろう……そういう処はたいていひっそりとしている。
とてもきれいな水が湧いていた。
お堂がありお参りをして水に触れていた薫子さんが、「この水だ。この水を汲むためにペットボトル空にしたんだわ。みんなで持っていけるだけ持ってく!」と。5人それぞれが持っていたペットボトルに入れることにした。(今気がついたけど、みんな一本ずつ空にしたペットボトルがあったのだ。普通駅で捨てそうなものだけどそんなこともなく、誰かが飲み残していてもいいようなのにそれもなかったと思う。)

水を入れた後、また車に乗りその土地へ挨拶だけは済ませようと向かうことにした。
                              続く……

Ravenna exclusive writing atsuko.m

すこし、分けてください。